投資物件となるアパートで利益をUP〜知識を得てタップリ資産運用〜

投資物件を購入しよう

1棟アパートを持ちたくなる時期がやってくる

不動産

中古ワンルームマンションをいくつも保有して不動産投資をしていると、どこかのタイミングで1棟アパートや1棟マンションを保有したいと考えるものです。1棟アパートや1棟マンションの場合、中古ワンルームマンションを運用するのとは、少し異なった投資方法だと言えます。なぜならば、これらの物件は自分が完全にオーナーだからです。中古ワンルームマンションの場合、区分所有であるため、管理組合というものが存在します。しかし、1棟アパート等の場合には、自分しか所有者がいないわけですから、管理組合を作る必要がなく、自分で何でも決めることができます。そのため、1棟アパート等での運用は不動産投資というよりも経営に近く、しばしば賃貸経営と呼ばれたりもします。最近では賃貸経営を始めるサラリーマンも増えています。

賃貸経営はこれからが大きなチャンスです

書店では1棟アパート等の賃貸経営で年利回り15%以上を稼いでいる大家の書籍なども並んでいます。自らが賃貸経営を始める前にこれらの書籍は一読しておく必要があります。なぜならば、そこには使えるノウハウが詰まっているからです。水道や電気、ガス等のライフラインの確認、躯体の確認、リフォームの仕方、等いろいろな話があります。これらに積極的に取り組むことで賃貸経営を軌道に乗せることができるのです。そのため、1棟アパートを保有するときにはある程度の時間を確保しておくことが重要です。これからは空き家が大きな問題となるため、賃貸経営できる物件が数多く放出されることが予想されます。1棟アパート等への不動産投資を考えている人にはチャンスと言えます。