投資物件となるアパートで利益をUP〜知識を得てタップリ資産運用〜

マンション

少ない資金は始める投資

不動産

投資マンションを始めるにあたって、ローンの活用を考える場合がありますが、投資に係る様々なリスクの中でも、もっとも大きなリスクがローンにあると言えます。ローンを借りている間、金利の変動もなく、入居率の低下や家賃の下落、滞納など収入減少の要因も生じなければ、問題ありませんが、ローンの返済中にこのような問題が生じた場合には、返済が滞り、投資どころではなくなります。そのため、このようなリスクをあらかじめマネジメントしていくことが大切です。投資マンションを借入で始める場合には、最初に投入する自己資金は少なかったとしても、繰上げ返済をしていくことで早期返済を図るなど、ローンを上手にコントロールしていかなければなりません。

投資マンションに必要な経費

投資マンションを購入する際に不動産投資ローンを組む場合注意しなければならないのが、初期費用として準備すする資金です。頭金として投資マンションの5%、諸経費として約50万円と言われています。もちろん、物件によっても異なりますし、不動産会社との関係やローンを組む方の職業や収入によっても異なってきますが、少ない額から大きな投資が可能となるのは事実です。仮に、住宅ローンが残っている場合でも、残りの返済額と収入額などにもよりますが、重複して借り入れることも可能になります。不動産投資ローンはあくまで対象不動産の収益性に対して貸し出しするものですので、必ずしも投資を行う方の収入だけに依存するわけではありません。